FC2ブログ

Raindrops  

季節がまた逆戻りしてしまったように寒い雨の日。

雨の日にときどき思い出すうたがあります。

「雨だれ小僧ちゃん ぽつんっと空から落ちてきた」
歌詞の続きは忘れました。最後に
「雨だれの 首飾り」
で終わります。

メロディは今でもよく耳にします。



『雨にぬれても(Raindrops Keep Fallin' On My Head)』 B・J・トーマス


「ママとあそぼうピンポンパン」のなかで歌われていた曲でした。
おねえさんの名前も覚えていません。
当時はがいこくのうたなどとはもちろん知らず、
でも子ども心にすごくこころにしみるいい曲だなと思い、
番組を見ている日にこの曲が流れるとそれだけでとても幸せな気持ちになりました。



っていうのをつい20分ほど前思い出して歌いだしの歌詞で調べてみたら、ありました。



『レインドロップス』というタイトルがついていたのですね。
原曲の歌い出し(というかタイトルの最初)の単語。
英語の言葉を解することができないくらい幼い頃だったのでしょう。


おねえさんの服装・帽子、これはまさしくピンポンパン。
シンペイちゃんとカータンと、ぼんぼんぼうしのおねえさん。



YouTubeすごいです。インターネットはすごい。
私は普段それほどYouTubeを見る習慣がないのですが、
(決まったチャンネルくらいしか見ない)
記憶の断片でしかなかった映像が思い立ったときにすぐさま目の前に再現されるというのは
ほんとうにすごいことです。(語彙力が欠如しているため「すごい」としか言えてません)

簡単に手に入り過ぎて拍子抜けするくらいに…
いや、いちゃもんをつける気は毛頭ないのですよ、
ただあまりに呆気なくみつかって面喰っているのです。

しかし、よく当時(といっても何年前かはわかりませんが)の映像が残っていたものです。
どなたか存じませんがアップ主さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

それにしても「雨だれ小僧ちゃん」というワードだけで動画以外にも
求めていた検索結果が正しく得られたことにも心動かされます。
このうたが自分だけでなくこんなにも多くの人の心の中に残っているんだなと、
見ず知らずの同世代の誰かと思いを共有したような気持ちになってしまいました。

寒の戻りの3月末、気持ちだけでもほんのりとあたたかさを感じました。





蛇足ながら
今雨の日に聴きたい曲はこちらです。




『ベイビーレイニーデイリー』 神聖かまってちゃん


牧の原公園のひょうたん山、
滝野公園、
千葉ニュータウン中央駅と印旛日本医大行きの電車―
レインドロップスのピアノ…

美しく抒情的なメロディが冷たい雨の日に沁み入ります。


(→ロケ地巡り過去記事『ベイビーレイニーデイリー』)





関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2014/03/20 Thu. 17:06 [edit]

category: recall

tb: 0   cm: 0

つくしづくし  

3月18日。
去年より17日遅く春一番が吹きました。

去年は桜の開花も早く、異様に早く春が来たという記憶があるけれど、
今年はあったかくなったかと思えば大雪が降ったりとなかなか気温が緩んでくれず、
春の風が吹くこの日を待ちわびていました。

にしても風が強かった。
歯医者さんで3か月に一度のメンテナンスの予約が入っていなければ外には出たくなかった。
とか思いながら一旦出てしまえば済ませたい用事もあったり。

駅の近くまで自転車を走らせました。
歩道脇の植え込み、反対側はこの前までサーカス小屋の建っていた空き地。


この時期、こうした場所を通ると気付けば視線は「土」のある部分に向けられています。
今日は既に2度ほど自転車を停めて確認しましたがその時は見間違いでした。


で。

8.jpg

みつけた。
この姿を探していたのです。

つくし。
今年初。
クローバーの若々しい緑色の葉の間から顔を出していました。

1.jpg

つくしはとくべつ。
理由はわからないけれど、小さいころからつくしだけはとくべつと思ってしまいます。
(言ってる意味も分からない)
特別だから生えていそうな所があると知らず探してしまうし、見つけたらうれしい。

千葉ニュータウン中央駅の周辺は初めて来た10余年前とはずいぶん様変わりしましたが、
それでもイオンモール沿い・旧出張所・アルカサール周辺の植え込みや空き地では
毎年つくしの姿を見ることができます。
里山の田園風景のなか、色とりどりの草花とつくしという図もいかにも春らしい趣がありますが、
街なかの激しい往来やビル群をバックにぐんっと背を伸ばしている姿も健気で愛おしく思います。


6.jpg

4.jpg


11_20140319014434bee.jpg

12_20140319015235cac.jpg

生えたての若々しいつくしは色つやもいい。
私の写真では今ひとつ伝わらないのがもどかしいところですが。

個人的に去年はつくしの当たり年(いろいろな場所でつくしを見つけた)でしたが、今年はどうかな…
このかわいらしい姿に何度も出逢えるとうれしいな。


停めた自転車が倒れるくらいの/マスクが風で顔からひき剥されてしまうくらいの強風吹きすさぶ中、
歩道脇にしゃがみ込んで地面の写真を撮る姿が果たして人からどう映るのは考えたくない。
そしてそんな姿を見掛けた方がここに辿りつかれることがないよう願いつつ…

関連記事

Posted on 2014/03/19 Wed. 01:04 [edit]

category: 散策

tb: 0   cm: 0

  

北総花の丘公園


の木エリアにはちらほらと見物の人。

01_20140306192013bdf.jpg

03_20140306192017589.jpg

03_20140306192017589.jpg

02_20140306192016bc7.jpg
梅郷、白加賀など白い梅もずいぶん開きました。

04_2014030619203932b.jpg
少し離れた場所のこちらの梅も見頃。

0001_20140306195730dd6.jpg
花びらを散らし始めていました。



(ソメイヨシノ)

05_20140306192041dc7.jpg
少しずつですが蕾が膨らんでいます。



河津桜(カワヅザクラ)

06_201403061920424f3.jpg

07_20140306192044535.jpg
ところどころ開いている花が。

08_20140306192102664.jpg

09_20140306192103450.jpg

10_20140306192105384.jpg
ソメイヨシノとはまた違った色と質感をした透明感のある濃いめのピンク色の花びらが
よく晴れた青い空に映えていました。



万作(マンサク)

ほとんど日本全土の山地に生え、花弁は4枚で黄色くねじれたような紐状の花をつけます。
ガク片は4枚で内面が暗紫色をしており、花びらが散っても残っているので花と見間違えそうです。
名前は「まずさく」がなまったとされています。あるいは樹冠いっぱいに咲く花から「豊年満作」
を連想したのではという説もあります。(印西市HP

11_2014030619210613c.jpg

0002_20140306195719fac.jpg

13_2014030619211685b.jpg

0004_20140306200234954.jpg

上2枚と下2枚は別の場所に植えられていたマンサク木なのですが、
こうして並べてみると枝振りや花の色形がずいぶん違うように見えます。
同じマンサクでも種類が違うのかな。



山茱萸(サンシュユ)

ミズキ科サンシュユ属の落葉広葉樹
中国、朝鮮半島に自生しています。江戸時代に薬用植物として渡来し、
実が漢方薬(八味地黄丸)に利用されています。
早春の花を楽しむ木として「ハルコガネバナ」とも呼ばれ、
マンサクとともに公園などに多く植栽されています。
また、10月から12月頃には2センチメートル程の赤い実がぶら下がり、
枯れ葉の中に宝石のように光っています。(同上)



14_20140306192117102.jpg

15_20140306192119cae.jpg
(枝先にふたつ、虫の卵のカラっぽいものが。なんだろ?)

16_20140306192120f3a.jpg

17_20140306192122d30.jpg

まだ花が開ききっていない様子だけれど、
枝の上にきちんと並んだつやつやとした黄色がかわいらしい。


004_20140306192019fa5.jpg




民家のお庭でも赤や白の梅の花が芳香を放っていました。
中には長い長い年月を経たと思われる重厚そうな梅の木も。
怪しい人と思われない程度に塀越しに見蕩れてしまいます。

20_20140306192129f17.jpg
鮮やかな紅梅。


結縁寺の梅。

22_20140306192131c04.jpg

24_2014030619213475a.jpg


関連記事

Posted on 2014/03/06 Thu. 21:16 [edit]

category: 散策

tb: 0   cm: 2

プロフィール

カテゴリ

全記事表示リンク

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top