FC2ブログ

『フロントメモリー』  

フロントメモリー』 神聖かまってちゃん




きっと退屈だけどきっとアンニュイだけど
屋上でまた 崩れかけてる
男女の電車は恋バナ
終電に乗った帰りは
Recしたこんな夕方です

急にアイスが食べたい真夏日
外はテカテカしてまぢあっちーし
僕はこの恐怖症みたいなやつを
時々感じちゃうから

42キロの重いは
絵文字使った歪な想いは
Recした夕方の中

heybaby, yobaby, heybaby
いつまでも 先に進めないのは
こんな夏さまた きっついサイズシューズがさ
スリーポイント キメないでしょ


きょうはやる気はないって
ラッキーアイテムを持って
Hip Hopなフリした自分と
ギリ生きている

会話も了解ですメールすらも
居留守して1人歩いた
iloveyouって
英語で習ったんだっけ?

ガンバレないよ
ガンバレないよ

yo,
そんなんじゃいけないよ

I'm bloody girling
主役はboring です

Say, Yeah!


急にアイスが食べたい真夏日
外はテカテカしてまぢあっちーし
扇風機に顔ブンブン当てては
カエルのようにこうなっちゃって

3時の感じにもたれて
窓の外をうとうと見るたび
自分なんて分からなくなってきた

heybaby, yobaby, heybaby,
いつまでも 先に進めないのは

こんな夏さまた きっついサイズシューズがさ
スリーポイント キメないでしょ

そして夏さまた
Recした風景は
再生せずにNEwBeat朝はとても

夏SUMMERTIME
8月駅降りて
田んぼで叫んだりして

単純に

ガンバロっかな今日は
それは昨日の続き
屋上でまた崩れかけてる

男女の電車は恋バナ
終電に乗った帰りは

Recしたこんな夕方です

ガンバレないよ
ガンバレないよ

yo,
そんなんじゃいけないよ

I'm bloody girling
主役はboring で

Say, Yeah!


ガンバレないよ
ガンバレないよ

yo,
そんなんじゃいけないよ

I'M bloody girling
So bloody Happy で


夏さ また

Say Yeah Yeah Year Yeah

先の夏さ、また
Recした風景は
再生せずにNEwBeat朝はとても

夏SUMMERTime

8月駅降りて
田んぼで叫んだりして

Come on baby
yeah




神聖かまってちゃん1年半ぶりのニューシングル『フロントメモリー』4月9日発売決定!

ということで。
PVから歌詞を書きだしてみたけれど、そういえば聖域にあったんだよね。。
(まあいいや)
の子さんの綴る言葉の連なりがやっぱり好きだと思ったのでこの場に置きたくなったのだ。


ちょっと(いや、もしかしたらかなり)落ち気味で
それでも「ガンバろう」「ガンバらなきゃ」って気持ちはあって
けれどもガンバレなくて
行き場を失った想いを持て余し
独り自分と向き合う


ちばぎんによると、こちらのPVとは別にプロモーション用のMVを
プロの監督さんに撮ってもらっているということですが。

去年の春のこのまちの風景を映し込めたの子さんのこのPVは、
個人的に特別の思い入れがあったりするので
の子さんのPVからいくつか風景を見ていきたいと思います。



001.png
「ふぁきろっくDJ!」な田んぼ

と、切り出してはみたもののここは場所はわかっていません。

001y2130818.jpg

001y1130818.jpg

本埜などの360度真っ平らでどこまでも田んぼが続く風景に似ているという気がします。

春のPV撮影配信のときにも、田んぼが大好きだと語っていたの子さん。
田植え後間もない若い稲苗の中の跳躍。その躍動感。



040.png

040y.jpg
北総線の車内。



045.png

049 (2)
「いつまでも先に進めない」という歌詞に添えられているのは未来へ続くトンネルのようなこのシーン。
やがて光の中に消えるの子さん。

049y3.jpg

何ということことの通路ですが、季節や時間帯によって差し込む光の加減が変わります。
たまたま光の具合がこんなふうに差し込んでいる時に通りがかり、
この場所をの子さんに使ってほしいな、と思っていました。
の子さんのPVで目にした場所を探すとともに、お気に入りの風景を見つけては写真に収め、
さらには「こんな場所使えそうだな」とロケハン気分にもなったり。
そんな風にまち巡りを始めて間もなくのことなので、2年くらい前でしょうか。

初めてこの曲のPVを再生したときは、びっくりしたし、「おお、やった」とも思いましたし、
そんな自分は純粋にの子さんの作品に向き合えていないのではないかとも思いました。
でも、個人的なことは抜きにしてもここは大変印象深いシーンだと思います。



114.png

115y2130820.jpg

115y6.jpg
こちらのバスケットゴール


115y1.jpg
牧の原公園のグラウンドの一角にあります。


ちなみにすぐ左手はこんな場所(『知恵ちゃんの聖書』より)
chie020.png

chie020y.jpg



127.png

127y.jpg
北総線千葉ニュータウン中央駅。



148.png
「先に進めない」
目の前に立ちはだかる壁。

148y1.jpg
こちらの橋の橋脚の

148y2.jpg
斜めの部分。

148y3.jpg
(正面じゃなく上の方)

148y4.jpg

148y5.jpg
見比べ確認中。

PVでは、このコンクリートにゆらゆらと揺れる水の動きが映っているので、
田んぼや川に面しているのだろうという推測はしていました。

130502.jpg

の子さんのこの写真の場所に見覚えがありました。

n20130504164619.jpg
橋の向かいに広がる田んぼです。


148y10.jpg
そして近くにはこんな落書き。

148y13.jpg

148y12_201402162346599bb.jpg
こちらもの子さんがTwitterに上げていた写真。

148y8.jpg

148y9.jpg

裏側好きにはたまらない場所。
わくわくしてきます。

橋脚の写真を撮っていたら、ヘルメットをかぶった作業中の方に「お仕事ですか?」と声を掛けられ、
不審者と思われたくないばかりに思わず「え、ええ、まあ…」などと答えてしまいました。
ごめんなさい。(だって説明のしようが)
瑕疵とか調べてる市民団体とでも思われてたら申し訳なさすぎる。。



204_2014021623400086b.png
ドリブル

206.png
電信柱をゴールに見立てて、シュート。

204y1.jpg
PVにはよく登場する場所です。(→過去記事

204y0.jpg

204y2.jpg

204y5.jpg
実は結構な上り坂。(写真だと伝わりにくいですが)
よくこんな場所でボールをつけたものだなと感心してしまいます。


207_2014021623404755b.png

208y1.jpg

208y3.jpg

208y5.jpg
こちらの8月32日へ』ジャケットなどでおなじみの場所です。

832.jpg




335.png
最後にもう一度このシーンを。

335y1.jpg
少し引いてみると。
通路。

335y2.jpg
陽の位置が変わると通路の先に緑が見えます。



以上、シングル化記念『フロントメモリー』ロケ地巡りでした。


関連記事

Posted on 2014/02/17 Mon. 13:28 [edit]

category: PV/ロケ地

tb: 0   cm: 2

小倉の鳥見神社  

印西市小倉。


13031101.jpg

ここは以前書いたえびはら米菓さんの先。
光堂、泉倉寺、松山下公園方面へ続く道。


01DSCN2258.jpg

庚申塔がずらりと並んだ一角があります。

こちら

小倉の見神社
 祀神は饒速日命(ニギハヤノミコト) 創建年代不詳

 
ここは何度も前を通っているし、お気に入りの空間だったりするので
お参りにお邪魔もしているし写真もあるのだけれど、
書くきっかけとか書きようがみつからなくて放置していました。
(何しろ地図に「鳥見神社」とあるのを見て初めて名前がわかったくらい情報がない)

前記事で本埜方面の鳥見神社2社について書いて、鳥見神社について触れたこの機会に。
あとここは花巻さん(あまちゃんの)的に書きたい場所だったり(←意味わからないけどそれこそが花巻さん的)

02_20140215023409678.jpg

13031102.jpg

03DSCN2259.jpg
高くそびえる杉の木

00_20140217182514cf6.jpg
庚申塔群の隣には境内への入口があります。

03IMG_4407.jpg
その先、高くなった場所に祠が見えています。

11_20140215135252ecf.jpg
入口。


04DSCN2260.jpg

更に進むと反対側には階段。

13031105.jpg

階段右手にはもう1箇所参道が。

06IMG_4410.jpg

13031107.jpg
手水舎

13031106.jpg
鳥居


13031109.jpg



13031111.jpg

13031112.jpg

鳥居正面の祠


05_20140215023458a4a.jpg
参道を戻り、入り口脇の階段を上ってみます。

13031117.jpg
祠。

13031118.jpg
鳥居を見下ろしたところ。

13031108.jpg
境内から。


13031116.jpg

13031113.jpg

13031114.jpg


13_2014021513535643e.jpg

14_20140215135357caf.jpg

境内には祠がたくさん並んでいます。
それぞれどういった由緒のものなのかわかりませんが。



15_201402151353583df.jpg

13031119.jpg

狛犬が前に備えられています。こちらが本殿でしょうか。




12P1000457.jpg

17P1000454.jpg

20P1000458.jpg

19P1000456.jpg




0020130311.jpg

頭上はるか高く境内を覆い隠すように枝を広げる木。


13031104.jpg
神社隣の梅の木。('13.03.11.)


13031120.jpg

鎮守の杜に護られた聖域。

関連記事

Posted on 2014/02/16 Sun. 02:36 [edit]

category: local area

tb: 0   cm: 0

本埜萩原巡り(続き)  

更に車を走らせます。


50_20140212101933709.jpg
たんぼ。


57_20140212102103298.jpg

草の刈られたスペースに石塔が並んでいる様子。

51_20140212101935497.jpg

54_20140212102030f8e.jpg

お地蔵さまが2体ずつ刻まれた塔が並んでいました。

52_201402121020270ac.jpg
ガラガラ(お膳)

53_201402121020296ed.jpg
案内板のあとのようにも思えますが、説明は見当たらず...


(移動)


55_20140212102032931.jpg

56_20140212102033e82.jpg



72_20140212102225691.jpg
左右に田んぼの広がる農道のような道沿いに、

71_201402121022241ab.jpg
鳥居がありました。

鳥見神社/長柄神社
  (印西市荻埜

60_20140212102104448.jpg

640.jpg

63_20140212102108955.jpg

64_20140212102156bc7.jpg

61_20140212102105cb3.jpg
「小廻組合」と。小廻大師堂かな。


68.jpg
水神宮

周囲には十九夜塔、子安観音像、青面金剛像など。

65_201402121021587aa.jpg

66_20140212102159a99.jpg

67.jpg


69.jpg

70_2014021210222286a.jpg




御嶽大神・大日堂
  (印西市行徳


こちらは稲荷神社。
82_20140212102319f52.jpg


83_20140212102320f9a.jpg


86_2014021210235878b.jpg
八坂神社のお札が祀られている



84_20140212102322c99.jpg
お堂の中には八坂神社のお札


665.jpg
御嶽大神

668.jpg
小御嶽大神



85_20140212102323072.jpg



81_20140212102317e57.jpg

92.jpg

十九夜塔の如意輪観音像・文字塔、子安観音像、女人講など



大日堂

91_20140212102527105.jpg
コミュニティセンターでもあるようです。
建物左端は弘法大師のお堂。

88_20140212102401b5e.jpg

輪袈裟の見立てでしょうか、細長い布がたくさん供えられていました。

89_20140212102402658.jpg

90_20140212102404978.jpg






それぞれ詳細がわからないのでとりあえず写真だけ。
(今後資料等が見つかったら順次加筆していければと思います)


94.jpg


このあとに白鳥の郷へ向かったわけですが…
(昼間でもあの場所に白鳥が残っていてくれてよかったです)

青い空、広く平らな大地、生垣の道、野焼きの煙、そこここに見られる石塔や祠。
年末の慌ただしさのなか、冬の印西の風景を楽しんだひとときでした。

関連記事

Posted on 2014/02/14 Fri. 12:21 [edit]

category: local area

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

全記事表示リンク

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top