FC2ブログ

春の気配  

1月最終日。

遊歩道の梅の花が開き始めた。
ひとつの木に1~2個程花を咲かせていた。

もう梅の開花が始まってる。

かくして散策のテーマは決まった。
これからしばらくは「梅」と「春の気配」で行くね。


北総花の丘公園。
先日開花が始まったばかりのロウバイの様子も気になった。

入口に近づくと、あたりに漂う甘い香水のような香り。
開いている花がほとんどなかったせいだろう、この前はこんなに香りはなかった。
満開とはいかないが(木によっても開花状況が違うし)たくさんの花が開いていた。

13_20140201015110238.jpg

11_20140201015107aec.jpg

12_20140201015108169.jpg

下を向いて開いてるからやっぱり下から撮らないといけない。

14_20140201015111835.jpg

黄色い花びらを透かして見える青空。
この花びらの質感と透明感が愛らしくてたまらない。


15_20140201015113323.jpg

隣の花壇の菜の花もずいぶん大きくなっていた。



園内の梅のコーナーへ。

オオサカズキ(大盃)が鮮やかな紅色の花を咲かせていた。

03_20140201015046c0a.jpg


02_2014020101504454b.jpg


04_20140201015047522.jpg


01_201402010150439d9.jpg


オオサカズキ以外の梅はまだ蕾。
 
05_20140201015049777.jpg

今にも開きそうな蕾もある。
来週あたりからぽつぽつ咲き始める感じかな。




結縁寺。

32_20140201015234aa6.jpg

31_201402010152335da.jpg
弁天様のお池。
きょうは池の底に積もった落ち葉が見えるくらい水が澄んでいた。
そのせいだろうか、気付けば池の水面越しの写真ばかり撮っていた。
(写真だと違いがわからないのにね)


33_2014020101523662c.jpg


34_20140201015237c7b.jpg

水仙。



35_20140201015238691.jpg
太くて青々とした蔓が木の幹に絡みつく。生命力を感じる。



移動。


00_20140201030402c53.jpg

斜面に植えられてからそう長い年月が経ってなさそうな梅の木(らしき木)が。

43_20140201015310453.jpg
ぽつんぽつんと花が開いていた。

ここは天神様(天神天満宮)。

42_20140201015308f02.jpg

44_201402010153114d7.jpg
この階段の先。

何度かお参りに登ったことはあるけれど、確かまだここには書いてなかったと思う。


結縁寺の天神天満宮
『印西町史』によると、創建年代不詳、祀神は菅原道真とのこと。

46_2014020101540979f.jpg

階段を上りきった境内には五神塔が建てられている。

47_2014020101541175e.jpg 天照皇大神社(テンショウコウタイジンジャ)

48_20140201015412573.jpg 大巳貴命(オオナムチノミコト)

49_201402010154135dc.jpg 少名彦名命(スクナヒコナノミコト)

50_20140201015415788.jpg 埴安姫命(ハニヤスヒメノミコト)

51_20140201015635a70.jpg 倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)


52_20140201015637596.jpg

お参り。

53_20140201015637912.jpg

祠の扉が開いていた。


54_20140201015639aea.jpg
道真公だろうか。

55_20140201015640f0d.jpg
石祠。(文字は読み取れず)

56_201402010157033f0.jpg

木々の葉を抜けて射しこむ光。
「静寂」と言いう言葉がぴったりの風景。

(でも実は近くからずっと犬に吠えられている、見慣れない者が近づいたせいかな)


60_2014020101570410f.jpg

田んぼを見下ろす。

45_20140201015313059.jpg
梅と里山。



天神様の梅といえば。
梅干しの種を割ったら出てくる中の白いヤツを「天神様」って呼んでいた。
子どもの頃「食べたらお腹痛くするだめ」って母親に言われたけれど、
こっそり噛んでみると妙においしい気がした。
あれってなんで天神様なんだろう…
道真公ゆかりの花だからかな。(「東風吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」)
ここの天神様の斜面にも梅の木がたくさん植樹されているし。

ついでに思い出したけれど、ピーナツを割ったときの
出っ張ったとこがある方をおじいさん、ない方をおばあさんって呼んでいた。
出っ張ったところが髭の生えた仙人みたいな顔に見える、
あれは誰に教えてもらったんだろう…




さて。
西日を浴びながら帰途に就く。

71_20140201015707668.jpg


74_20140201015836125.jpg


76_20140201015838d8f.jpg

77_20140201015840fc2.jpg

78.jpg

だいぶ日が傾いてきた。
作付け前の畑に細く長く伸びる影。




80_20140201015927bd4.jpg
電線と街路樹にすずなりすずめ。




≪結縁寺の天満宮≫


大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2014/01/31 Fri. 23:52 [edit]

category: 散策

tb: 0   cm: 0

1月27日  

景色は一日ごとに変わる。
土の茶色や枯れた枝葉色だった作付け前の畑や畔や農道に緑色が再びその存在を主張し始めたのは
1月に入ってからだったろうか。外に出るたびに季節が徐々に・でもきちんと巡っていることを実感する。
そういえば少し前から鼻がムズムズし始めている。

ということできのうの散策テーマは毎年恒例「道端に春の気配を探そう」。

02_20140129010012cbd.jpg
「春」だよね。

30_2014012901260710a.jpg
地面はこんな。緑のグランドカバー。

しゃがみこんで写真を撮る。(ちょっとした不審者かも)


04_2014012901001485a.jpg
オオイヌノフグリ

05_201401290100167d8.jpg
タンポポ

03_20140129010013a9a.jpg

08_20140129010037f1d.jpg
ホトケノザ


この時期の草花は葉色が暗く花の形もあまりよくない。
寒さに耐えてるんだろなって感じが健気。
他にもハコベ、ナズナなども花を咲かせていた。

ところで最後のホトケノザ
シソ科オドリコソウ属の一年草あるいは越年草。
春の七草の一つに「ほとけのざ」があるが、これは本種のことではなく、
標準和名をコオニタビラコというキク科の草である。ところが、
このためにこの種を七草の「ほとけのざ」であると誤解されている場合がある。
本種は食用ではないため、注意を要する。(Wikipediaより)


自分は割と雑草好きな方だと思うし、たいていの道端の草には何かしら子ども時代の
エピソードなり思い出なりがあるのだけれど、このホトケノザには全く馴染みがない。
子どもの頃にも今のように地面を覆い尽くすほどに生えていたのか覚えていない。
で、大人になってこの花の名を知ったとき、「ああ、七草の」と思ってしまい、
割と最近まで思い込んでいた。
春の七草のホトケノザは黄色い花だったような記憶はあったし、
スーパーで買う七草粥セットにはこの草は入っていなかったのに。

で、国語の便覧。(『シグマ新国語便覧』文英堂)

nanakusa.jpg
(クリックで拡大)

国語の便覧って楽しいので好き。絵図がいっぱい載ってるけれど百科事典みたいにお高くないし、
内容盛りだくさんでわかりやすいし。これも大人になってから買ったもの。


ぱらぱら見ていてこのページに行き当たった。
写真のこの花は知っているけれど、コオニタビラコという名もこれが春の七草のひとつホトケノザ
であることもこのとき知った。あるいは知っていたはずのことを忘れてしまっていたのかも(よくある)。
と、忘れてしまわないようにここに残しておく。文章にすると少しは頭に残るはず。



いつもの場所からいつもの構図。

10_201401290100396d5.jpg

11_20140129010040362.jpg

あの田んぼに水が張られるまで、あともう少し。


最近になってやっとここから見下ろす景色がどのあたりでどんな風景か
地図や自分の記憶とつながってきた。(遅っ)

004_2014012911242109d.jpg
この高台の右端あたりに今自分は居る。(13.12.05.)




自転車を停めて谷津田まで降りて雑木林沿いのくねくねした農道を軽く歩いてきた。

21_20140129010043e9e.jpg
垂。

22_201401290101039ac.jpg
光。

23_20140129010105bb8.jpg
木。

戻。

24_20140129010106f44.jpg
倒。崩。


01_201401290100105b5.jpg
帰。

関連記事

Posted on 2014/01/28 Tue. 23:59 [edit]

category: 散策

tb: 0   cm: 0

外川神崎川  

011722_20140127015500da8.jpg


夜になったら寝て、朝になったら起きて、お天気のいい日には外に出て体を動かす。
それだけでこころとからだはわりといいあんばいのところで保たれる。
…私の場合は。

青い空。
目や耳や鼻で季節の変化を受け止める。
この歓びは理屈ではなく命あるものものとしてはたぶん必然。
なんてね。

そんな感じで散策。

戸神から船尾へ。



川神社

011701_201401270155138de.jpg
低めの鳥居をかがみこむようにしてくぐると

011702_2014012701551591b.jpg
拝殿。


船尾の外川神社
創建年代不詳 祭神は役小角(えんのおづぬ)、日本武尊。
虫封じの神様と呼ばれている。
その謂れは初代神官がこどもたちの足が強くなりカンの虫が治まるように各地で祈願したことに
始まるとされる。このとき神官がわらじを履いて巡ったことからわらじの形をした絵馬を奉納して
虫を封じてもらうという習わしがある。(『印西町史』『印西名所図会』参考)


 《メモ;『印西の歴史』第3号(H13.3.)「印西市の湯殿山信仰」榎本昭三p193》

121003.jpg
虫封じ祈祷について('12.10.01.撮影)


011703.jpg

011704.jpg
龍。


121004.jpg

神塔に「戸川神社」とあるのは、富山の薬売りの人たちによって奉納された際、
誤って「戸川」としてしまったという逸話が残っている。
(私も初めて来たとき外川戸川どっち?と思った、表記がひとつではないのは珍しくないけれど)


121001.jpg

121002.jpg
近くに戸神川が流れてるし隣は戸神だしちょっと混乱してしまった?
いや、そんなに引っ張るところじゃない。。
でもGoogleマップも戸川神社だ。




121005.jpg
神社前のバス停。





戸神川はやがて神崎川へと合流する。

011720.jpg
ここではこの神崎川が印西市と八千代市の境界となっている。

011723_201401270155380d7.jpg

神崎川はまた白井市と船橋市の境界を流れてもいる。(→過去記事『北総線小室駅とマンホール』)


011725.jpg
傍らにぽつんと石塔。風化が進み全く判別できず。

011726.jpg
印旛名物なまず(←この看板本来の目的じゃないけど)。
そういえば、確か印西市のゆるキャラの候補にもナマズモチーフのコがいたな…
市のHPにリンク貼っただけだったから画像は残ってないみたい…




011724_20140127015540de5.jpg


011728.jpg

田んぼ。
ひろびろ。

ここは自転車で来ることはあまりない。
車で通るたびに左右に田んぼが広がる景色に心浮き立つ。
今(1/17)は冬景色だけれど、
それでも青い青い空と青くきらきら光る水面はいつまででも佇んでいられるほど美しい。
本当は写真よりももっとずっと明るくきらきらした景色なのだけれど。

011727.jpg
ところで白いのはなんだろう?

011729.jpg
近くにも並んでいた。

形とか大きさとか干し草ロールによく似ている(気がする←実際の農業のことはわかってない)。

帰ってからネットで調べたところ、藁ロールとか稲わらロールとか言われるものと推定。
白や黒のビニールで覆われているものもあるらしい。
あくまで(仮)ということで。(ぼっちの一件を思い出す)


011730.jpg



この後花の丘公園へ。(ロウバイの写真を撮った日)

関連記事

Posted on 2014/01/28 Tue. 01:23 [edit]

category: 散策

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

全記事表示リンク

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top