FC2ブログ

10月31日  

きのうに続きとても良い天気。
夕暮れどきに帰れるよう午後ゆっくり目に家を出た。
外に出てみたら厚めの雲が空を覆っていた。
これは夕焼けは期待できない。こんなことならもっと早く出ればよかった。


あちらこちらの公園でハロウィンの扮装をした子供とお母さんの姿を見掛けた。
オレンジ色の目と口の付いた黒い山高帽にマント。
これからTrick or Treatして回るのかな。



ちいさな男の子が歩道の真ん中に立ちすくんで声を限りに泣いている。
数メートル先におかあさん。いらいらのまざった困り顔で振り返っている。
傍らのベビーカーにはぴんと伸ばしたちいさなちいさなふたつの足。
すっぽりとカバーオールを着たあかちゃんが乗っている。

おかあさんのだっこもベビーカーも自分以外の誰かに奪われ、
歩いてくたびれて、だんだん遠くに先に行ってしまうおかあさん。
自分のところまでむかえにきてよ、そうしたらまたがんばってあるくから。
そんな気持ちは百も承知で、それでもお母さんは折れるわけにはいかない。
もう自分の足で歩かなきゃ。
望むと望まざるとにかかわらず、きみはそういう時期そういう状況にあるんだから。
ここまで来たらぎゅうってしてあげる。

街中でよく見かける光景だ。
私も同じ経験を何度もしてる。
この攻防は胸がきゅっとなる。
お母さんもね、ちょっと疲れてるんだよ。夜も眠れてない。
自分の世界がある日を境に一変してしまったときみが感じていること、
あかちゃんでいたい戻りたいって思ってること、わかっている。
わかっていても受け止めきれない。

子どもが小さいころは余裕がなくて、腹を立てたりいらいらしたりすることもあった。
寝顔を見るたび深い反省と自己嫌悪に陥るのだ。
こんなにも小さくて愛おしい相手に優しくしできなかったこと、
叱るのではなく怒ってしまったこと。
今までに知らなかった種類の愛おしい気持ちを幸せを教えてくれると同時に
今までに知らなかった自分の嫌な面もたくさん知った。
当たり前のことだけれど子どもの年齢と母親としての自分の年齢は一緒、
最初は右も左もわからない初心者なんだよね。
とか街中でいろんな親子のいろんな場面に出会うたびにこんなことを思ったりしてる。
通り過ぎても響く泣き声を後にしながら両者にエールを送っていた。
ねえ、りょうほうが半分ずつ近づけばそんなに遠い距離じゃないよ。



さて。北総花の丘公園。

01_201310311750503cb.jpg
いつも立ち止まるこのポイント。
紅葉が進んでいる。


かぼちゃのディスプレイ。
00_20131031175049274.jpg

軍手。かぼちゃに顔。麦わら帽子。
今年のテーマは「里山」かな。

03_20131031175051176.jpg

04_201310311750533d6.jpg


展示室の裏手。
05_201310311750551dd.jpg

10_20131031191530291.jpg
水辺に設けられたこの場所も風情があって好き。

06_201310311751517a1.jpg


07_201310311751537d3.jpg
バラ園のばら(ブラッシングノックアウト)


いつの間にかずいぶんと暗くなっている。
夕焼けの見られない日暮れどきは、昼と夜の区切りがうすぼんやりしていてきまりが悪い。



イオンにはもうクリスマスツリー。
08_20131031175539fd6.jpg


関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2013/10/31 Thu. 19:31 [edit]

category: blog

tb: 0   cm: 0

日没  

1028sundown.jpg

10月28日の日暮れどき。



10281.jpg
1028161.jpg
1028162.jpg
1028163.jpg
1028164.jpg
1028165.jpg

16:40から16:43まで、3分ほどの間に太陽は西の方角に消えていきました。


関連記事

Posted on 2013/10/28 Mon. 23:57 [edit]

category: blog

tb: 0   cm: 0

Internetting  

2013年10月14日 下北沢SHELTERのライブ映像。

ライブの翌日より数日にかけて映像作家竹内道宏氏によって全曲アップロードされた。

この日この場には居ることができなかったけれど、
ライブ会場を飛び出し、インターネットの世界で繰り広げられる伝播の現場には居合せることができた。

カメラの向こう側とこちら側両方の熱気・気迫・気概ごとすべて記録され、
迫力のある映像として世に出され、伝えられていく。

ライブの生々しさと自分の不在。
臨場感と疎外感を同時に掻き立てられる。
心震わされ、その場を恋うて居ても立ってもいられなくなる。


「これで10月14日@下北沢SHELTERのライブ映像は全曲公開となりました。ぜひ、続けてご覧ください!」
10/26 23:30)というご本人のTweetを受け、自分のために、
いや、何かの拍子に誰かにつながるかもしれない、
そんなわずかばかりの可能性を信じ、アップロード順に貼っておく。




10月15日 21:11
「うp完了→神聖かまってちゃん【夕暮れメモライザ】2013/10/14 下北沢SHELTER」


10月15日 21:14
「うp完了→神聖かまってちゃん【ねこラジ】2013/10/14 下北沢SHELTER」


10月15日 22:01
「うp完了→神聖かまってちゃん【あるてぃめっとレイザー!】2013/10/14 下北沢SHELTER」


10月15日 22:18
「うp完了→神聖かまってちゃん【熱いハートがそうさせないよ】2013/10/14 下北沢SHELTER」


10月17日 21:00
「うp完了→神聖かまってちゃん【ゆーれいみマン】2013/10/14 下北沢SHELTER」


10月17日 21:29
「うp完了→神聖かまってちゃん【僕のHipHop】2013/10/14 下北沢SHELTER」


10月17日 22:02
「うp完了→神聖かまってちゃん【仲間を探したい】2013/10/14 下北沢SHELTER」


10月26日 20:59
「うp完了→神聖かまってちゃん【いかれたNEET】2013/10/14 下北沢SHELTER」


10月26日 20:59
「うp完了→神聖かまってちゃん【自分らしく】2013/10/14 下北沢SHELTER」


最後の『自分らしく』はたけうちさんの111本目の神聖かまってちゃんのライブ動画。
(ついこの前100本目だったのに、なんとありがたいこと)
ご本人をして「こんなライブ映像をずっと撮りたかったのです。」と言わしめる白熱の映像。


インターネットで伝えることを選んだ表現者たち。
彼らのリアルタイムな表現を、
時間も空間も超えて残される作品を、
そのうしろの迷いや葛藤や彼らが見せてくれるすべてを、
追い続けたい、見届けたい、そんなことを改めて思った数日間だった。


関連記事

Posted on 2013/10/27 Sun. 15:28 [edit]

category: 神聖かまってちゃん

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

全記事表示リンク

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top