FC2ブログ

6月29日  

きのう、娘が大きなぬいぐるみを抱えて帰ってきた。
忘れたけど何かで当たってもらったとか。
さっそくベッドに置いて、いままでその場所にあったニョロニョロを姉の部屋に移動していた。
(ひとり暮らしを始めてから段々物置部屋化しつつある)
確かに、抱き枕用ににんじんもいるし、いままでも活用されていない様子だった。
ひょろっと長くて抱き心地よさそうな形状に惹かれて「じゃあ貸して」と自分の寝室に持ち込んで
夕べはニョロニョロとベッドを共にしてみた。抱き心地は、まあ、悪くない。
けど、顔に触れるとちょっとざらざらする(フエルト生地みたいな肌触り)。
このまま抱き枕にするかどうかは今のところ保留。


ニョロニョロといえば、ムーミン。
覚えているなかで一番昔のカルピスこども(まんが?)劇場。
って、なにかっていうとこの話題になるな。


でも、カルピスのゆきうさぎのCMの人気の根強さにはびっくりする。
以前書いたやつ。(⇒「るふるん」)
アクセス解析でブログへの検索ワードが一部はわかるんだけど、
「カルピス」「CM」「るふるん」「ゆきうさぎ」の組み合わせで来られる方の多いこと。
ほとんど毎日アクセスがある。流行りのものではなく何十年も前のCMだということを
考えると、これはちょっと半端ないことなんじゃないかと思う。
動画がどこにも上がってない(多分)ので、そのせいもあるのかな。
カルピスさん、ちょっと前に昔のCMを集めたCM流してたけど、
あの中にもゆきうさぎはなかったしなぁ…

実は過去にもこのCMについては書いたことがあって、そのときもコンスタントにアクセスがあった。
同じような話をまた書いちゃうっていうのもあれだなとも思ったけど、それだけ思い出深いCMということで。
正直以前似たようなこと書いたと思うことは他にもちょいちょいある。
ひとりの人間の語ることなんて限りがあるってことか。(薄っぺらいから特にか)



ムーミン。
「ムーミン」のスナフキンとか。
「ひょっこりひょうたん島」のダンディとか。
「ぼのぼの」のスナドリネコさんとか。
クールでダンディでアウトローって感じででも包容力があったり。
いやいや…かっこいいよね。

ちなみにワタクシのお気に入りのヒーローは
実写では「快傑ズバット」、アニメでは「ダイターン3」です。
宮内洋様、鈴置洋孝さんらぶだった女学生時代(いつ?)…




話は変わって。
この前北総花の丘公園に咲いていると書いたネジバナ。

053_20120629133703.jpg

いつのころからか我が家の芝生にも毎年同じ場所に一本だけ出てきます。

何か好きなんだよね、この花。
葉っぱのない茎がスーッと伸びて花を咲かせるっていうのがポイントその1。
レンゲソウとかヒガンバナとかラベンダーとか。
理由は説明できないけど、なんかそそられる。
あとはやっぱらせん状にくるくるっと花をつけた姿が風変わりでかわいらしい。
花も小さいけれどよく見るといっちょまえにランの仲間らしい優美な形。


ところで。
ネジバナ(捩花)。別名モジズリ(綟摺)。
「もじずり」と聞くと、百人一首にもおさめられた

陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆえに 乱れそめにし われならなくに (河原左大臣)

を思い出す。
けれど、この「もじずり」は福島県信夫地方から算出された乱れ模様の摺り衣のこと。
 摺り衣は、捩(もじ)れ模様のある石に布をあてがい、忍草の茎や葉の汁をすりつけて染めた衣。
 「しのぶもじずり」は、産地が信夫だからとも、摺りつけるのが忍草だからとも。
 (⇒もちずりの再現

IMG_20120629160028.jpg
(「小倉百人一首」文英堂)


ということで、この句のモジズリをネジバナのこととするのはちょっとあれらしい。
(そういう記述をときどき見かけるの・・)
むしろ、ネジバナの別名「モジズリ」がこの染物の模様から来ているとか。
(でも、これもはっきりとは断言できないの・・)


百人一首の忍ぶ恋といえば、「しのぶれど」と「恋すてふ」が浮かぶけど、
やっぱ一番ときめくのはこの源融(河原の左大臣)のだよね。。
(「人に気付かれちった」とか「うわさ立っちった」とかよりはそりゃ「心の乱れはあなたのせいです」でしょ)




関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2012/06/29 Fri. 17:06 [edit]

category: blog

tb: 0   cm: 0

かまってちゃんロケ地巡り~微妙編~  

きょうは、自転車に乗っていたら急にペダルがスカスカになってしまいました。
チェーンが外れた…そのまま自転車を転がしてイオンまで。
新しく広くなった自転車屋さんでみてもらいました。
外れたのを戻すだけならすぐだったのですが、
チェーンが伸びているということで直してもらいました。
本当は自転車屋さんに持っていくのも憚られるくらいのぼろ自転車なのですが、
315円で15分ほどでできるというので、それなら、と。
修理が終わって乗ってみたらペダルが軽い。
チェーンを直すとこんなに変わるのかっていうくらい自転車を漕ぐのが楽になりました。

散策で森やら谷やらを超えてどこかわからないところを走ることも少なくないのですが、
そんなときふと、今自転車が壊れたらどうやって帰ったらいいんだろうと考えて
怖くなるときがあります。それくらいあちこちガタが来てるので。
自転車って、たいていタイヤの終わったときが替えどきなのですが、
一度だけ、乗っているときにフレームが分解してしまったことがあります。あれは怖かった。
今日だって、イオンまで歩いて数分のところだったからよかったようなものの…
まだもうちょっと頑張れるのか、我が巡礼の友よ(ロケ地はみんなこれで回ってるからね)。

調子がよくなった自転車で勢い付いて走っていたら、気付けば印牧近くまで来ていました。
道がほとんどフラットなのでひたすら走ってた方が近場の里山を回るよりは楽なのです。


印西牧の原駅はずいぶん前(桜の頃だったかな)からお色直しをしているようです。

016_20120628191931.jpg

汚れて黒い線だらけだった屋根がすっかりきれいになっていました。

DSCN2509_20120628192807.jpg
ちなみにこちらは去年の11月(わざわざ上げなくても…)



ここまで来たからにはということで。
神聖かまってちゃんゆかりのポイントを押さえていきましょう。

印西牧の原駅。
018_20120628193131.jpg

改札近くに2台のプロジェクターが設置されています。

020_20120628214224.jpg


024_20120628193129.jpg
改札を反対側に折れた場所にもプロジェクターが2台ありました。


このときはまだライトが点いていませんでしたが、これで映し出されるのがこちら。
ossan.png
 『おっさんの夢』神聖かまってちゃん

ソウフケ
の子さんはこの場所に座っていると思われます。

これらによって映し出されているのはPVにある「草深原の狐」の文字。それから

029_20120628193128.jpg
こちらの案内板(過去記事)に描かれているのと同じ狐たちの影らしいです。
私は一度だけうっすら浮かんでいるのを見たことがありますが…
(ひらがな「そうふけっぱらのきつね」で検索すると、こちらで映し出された写真をアップロードされている方が
いらっしゃいます。個人のブログのようなので貼らずにおきますが)


実際にライトアップされていない状態ということで、今ひとつすっきりしません。。
点灯する時刻まで待つのは病み上がりの一主婦には難しいものがあるし。


気分を変えて近くの公園を一回り。

牧の原公園。
009_20120628200204.jpg

心なしかひょうたん山の形がへしゃげて見える。気のせいだろうか…

一度、全面どピンク(こんな色)のひょうたん山の写真を見たことがあります。
何だこれと思ったのですが、今年の春登ったときにシバザクラの花がほんの少し咲いてるのを
見かけて、これだったのかもしれないと勝手に納得しました。
シバザクラって、結構根付くの難しいんだよね。(勝手な推測ですが…)

滝野公園。
012_20120628200203.jpg
この時間だと子どもたちがてけてけ走っていて、「いかニー」を思い出す。

草深第2公園。
036_20120628200202.jpg
池にスイレンの葉がたくさん浮かんでいました。



さて。
もう一か所ロケ地めぐりを。

047_20120628204228.jpg

西の原公園とおそろっぽい龍の立水栓のある公園。
近くは何度も来ていますがいつも筋違いの道を通るので、この公園は初めてです。

子どもたちがわらわら遊んでいました。
一回通り過ぎかけたのですが、ブランコが気になって戻りました。

 ◎赤いブランコ
 ◎マットの色
 ◎後ろ側に柵がない
 ◎ブロックと植え込み

ロケ地をめぐり始めてからというもの、
ブランコを見かけるとつい上の4点をチェックしてしまうのですが、
一度も全部当てはまるブランコに出会ったことがありませんでした。
今まで見てきた公園のブランコには必ず前と後ろとの両方に侵入防止の柵が設けられていて、
それですぐに違うと分かってしまうのです。

あのブランコ、全部クリアしているではないですか。

ところ狭しと遊びまわる子どもたちと付添いの大人までいる中、
勇気を出して撮ってきました。

048_20120628204227.jpg

049.jpg

・・・
あのね、ブランコが4つあって、右側の2つには子供が乗っていたので
空いてる左側2つを撮ったんだけど、、揺れるのよ。
手で押さえて止めてみたけど、右からの振動が伝わるのか、完全停止できない。。

ということで。
わかったことは、少なくともこちら側じゃないということ。
ブランコに入った線の向きが違う。

あの子たちのブランコを確かめたい。
でも、これ以上この場所に居られないし居たくない。
不審者と思われたら(すでに思われてるかも)どう申し開きをしていいかわからない。
何しろ小さな子が遊ぶ公園に帽子を目深にかぶった上に首からカメラという出で立ち。
(きょうに限ってデジカメ首からぶら下げてた)客観的に見て怪しすぎる。。
女性だからまだいいけど、男の人だったら通報されてるかも。
折しも「声掛けの不審者多発」という市の防犯メールが来たところだし。。

今度は下校時刻前にチャレンジします。
ここまでそれっぽい場所はきっとほかにない気がする。。。


一応こちら。
友だちを殺してまで。友だちを殺してまで。
(2010/03/10)
神聖かまってちゃん

商品詳細を見る




最後に番外編をひとつ。
041_20120628202335.jpg

0205passo01.jpg
これね。

042_20120628202334.jpg
ここはパッソのCM「でんでらりゅうば」(⇒ロケ地番外編)のところ。
(今更だけど不動産屋さんの写真で済ませてたので)

045_20120628202332.jpg
このあたりの電灯にはかわいい龍の姿が。


関連記事

Posted on 2012/06/28 Thu. 22:08 [edit]

category: PV/ロケ地

tb: 0   cm: 0

Knock on Wood  

先日、小屋裏にしまってあった扇風機を出しました。
今のところまだ使用する機会はありませんが…

もうそんな季節か…
考えてみれば6月も末、むしろ遅いくらいかも。
今年の梅雨は じめっと蒸し暑い日よりも肌寒く感じる日のほうがずっと多い。
このまま夏も涼しいまま終わってほしいものです。
こんこんこん。。

こういう話の流れでテーブルなど(木でできたもの)をたたくことを
knock on woodと言うそうです。
実際にことばで‘knock on wood,’と添えるときもあります。


knock on woodはcounter-jinxのひとつ。

英語圏において、なにかいいことsomething goodや
こうあってほしいyou are wishful that something would happenということ
については、それを口にしてしまうと叶わなくなるという迷信があるそうです。
だから、皆そういうことはなるべく口に出して言わないようにする。
言わざるを得ないときや誰かが言ってしまったときには、
何か木でできたものをノックしたり(knock on wood)触ったり(touch wood)、
あるいは実際に言葉で‘knock on wood’と付け加えたりするそうです。
こうすることでbad luckを回避する。
木には聖なる霊が宿るというキリスト教以前の信仰の名残りとも言われているそうです。


映画などでもときどき目にしますよね。
会話中に結構な頻度で使われます。

「週末晴れてたら(コンコンコン)バーベキューをするんだ」とか。


「口にすると実現しない」のたとえでZachに聞いて面白いと思ったのは、
アメリカでは野球中継で「あと一人を打ち取ればノーヒットノーラン達成です!」
みたいなシーンで、アナウンサーも解説者も試合を見てるファンもベンチのチームメイトも
誰一人としてそれについて口には出さないという話。
「言っちゃうと打たれちゃうから」
いや、迷信だから。アナウンサーも言わないってどういうことよ。
でも、誰かが「あと一人だね」なんて言って(もちろんここで「コンコンコン」の嵐)
打たれちゃった日にはその人相当責められるみたいです。

まあ、迷信だってわかっていても従わないと何か居心地悪いことって、確かにありますよね。
洗濯物は一度たたんでから着るとか
夜に爪を切ると親の死に目に会えないとか
夜に口笛を吹くと蛇が出るとか…


ちなみにこの knock on wood / touch wood、 wikipediaには
西洋では「希望的観測(上記)」以外にも「自慢話」や「死」に関することを口にすると
悪いことが起こるといわれていて、それを回避するためのおまじないとして用いられる

というような記述がありました。
ただ、yahoo知恵袋とか他の多くには「いいこと」に関する記述があるだけでした。
(ウィキではwestern folkloreに関する記述なので、英語圏との違いによるのかも)




従わないと居心地悪いと言えば。
くしゃみの後の‘God bless you’あるいは‘Bless you’。
我々日本人にもすっかりおなじみですが、知っていても実際にはまず使いませんよね。
(だって自分たちの文化に根付いたものではないからね)
Zachによると、これももう決まり事らしくて、言わないと気持ち悪くて仕方がないのだそう。
日本に住むようになってからもそれは変わらなくて、職場(学校の職員室)でも
くしゃみが聞こえたら‘Bless you’。どんなに遠くても言っちゃうそうです。
同僚の先生方も彼に倣って言ってくれるようになってきたのでだいぶ楽になったそうですが…
でも、いまだに困るのが電車の中。知らない人のくしゃみでもbless youがないと、
どうにも落ち着かない。誰かが言ってくれるのをちょっと間待ってみるけれど、誰も言わない。
(まあそうだよね)仕方がないのでつぶやくように小さな声で‘Bless you’するそうです。

想像して笑ってしまった。ちょっと気の毒だけど、こればっかりは仕方ないですよね…



最後に、気象庁の3か月予報を。(6月25日発表)
全国的に平年並み乃至は高めということらしい。。
(「こんこんこん」したのにさ)
関連記事

Posted on 2012/06/28 Thu. 12:07 [edit]

category: blog

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

全記事表示リンク

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top