FC2ブログ

年末  

長女帰省。

次女の運転で駅まで迎えに行ってきた。
(暗くなってから運転するの2回目なのでちょう緊張した)

どうせ何日もいないくせに今回もでっかいバストロンボーン持って帰ってきた。
受験生の参考書みたいだね。

IMG_0386.jpg

IMG_0388.jpg

IMG_0389.jpg

IMG_0393.jpg



IMG_0396.jpg

IMG_0397.jpg
駅への通路。
最近になってひずみが出てきたって感じで地面が隆起してきて
舗装のタイルに亀裂が走っている。
(私が気付いたのは今月に入ってからくらいだったかな)
地震の影響が今になって現れたのだろうか。
震災のときに破損したところはきれいに直した後なのに。


IMG_0401.jpg


家族がみんな揃うと年末って感じがするね。

今は目の前で一人すき焼き中。




関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2011/12/31 Sat. 00:52 [edit]

category: blog

tb: 0   cm: 0

5分休憩  

30日。
忙しっすね。

ここまでもろもろため込んでいた自分の責任ですが…



大体大掃除なんて制度、
こんな水も冷たい窓も開けたくない寒い時期にせず、
もっと気候のいいころにすればいいのにとあれほど。


きょうは水回り重点的に、
でも行った先々で目に付いたことに手を付けたりしているので、
あっちこっち中途半端でわやくちゃです。。


重曹、クエン酸、セスキ炭酸ソーダ、過炭酸ナトリウム…
白い粉たちが大活躍中。



耳もとでの子さんが歌ってくれてるから、もうちょっと頑張るよっ。





関連記事

Posted on 2011/12/30 Fri. 14:30 [edit]

category: blog

tb: 0   cm: 0

さよなら2011  

年末につきこの一年を振り返ってみる。


次女大学合格
 これは厳密には前年末なんだけどとりあえず、
 受験生とその親という立場から解放された年明けだったってことで。


初ハワイ
 南方面はグアムとかサイパンとかは何度か行ってるけど、ハワイは初めて。
 受験とか身内の入院とかスケジュールとかの関係で久しぶりの海外。
 (でも長女は行けなかった)
 とても過ごしやすい気候だった。


震災
 これはもう…
 不安と恐怖。
 毎朝起きるたびに、「あぁ、この状況は現実なんだな」と。
 ひたすら災害モードのTwitterのTLをROMする日々。


神聖かまってちゃん
 これは、もう()。
 出遭えてよかったとしか。
 遅きに失した感は否めないんだけど、出遭えずにいたままよりは。
 かまってちゃん前・後は、
 雑誌の後ろの方に載ってる怪しげな通販商品の「使用前使用後」よりも
 もっとずっと人生が変わった気がする。
 の子さんに出遭えたこと、彼の音楽に共鳴できる自分であったこと、
 これは大きな災い降り注いだこの年にあって偉大なる福音宛らの
 できごとでした。




プルースト効果と名付けられた現象があります。

においによって記憶が呼び覚まされる現象をこう呼ぶそうです。

かのフランスの文豪マルセル・プルーストが
その著作『失われた時を求めて』において
主人公がマドレーヌを紅茶に浸したものを口にしたとたん、
その香りから過去の記憶を甦らせる
という冒頭シーンを描いていて、そこから名付けられたのだとか。
(プルーストと言えば本著のタイトルが浮かびますが、私は未読です)


においによって過去の記憶や状況、感情までが一瞬のうちに甦ってくる
そんな経験は、誰しもありますよね。

元彼の付けていた香水とか(あ、一般論ね)、
去年使ってた柔軟剤やシャンプー、
四季折々の風の匂いとか。

一説には、脳内において嗅覚を伝達するシステムは
感情をつかさどる部位に非常に近いので、
そのために記憶が呼び起こされやすいのではとも言われているようです。




そして、
私は、音楽にも嗅覚同様(あるいはそれ以上)に
記憶を甦らせる力があるように思うのです。

懐かしい音楽を耳にしたとたん
その時代の空気感、
当時好きだったもの、ひと、
場所や情景まで、
鮮やかに切ないほどに呼び覚まされる
そんな経験もまた誰にもあるのではないでしょうか。

「思い出す」のではなく、圧倒的に直截的に、
瞬時に記憶の渦の中にどっぷりと浸かってしまう感覚。
(だから「呼び起こす」「甦る」という表現になるのでしょう)

悪くないよね。


きっと、これから先(そんなには長くないかもだけど)
かまってちゃんの曲を聴いたら、
2011年の今のこの感じを思い出すんだろうな。

これからもかまってちゃんは聴き続けると思うんだけど、
初めて出遭った時の衝撃は今年だけのものだからね。

避けようも忘れようもない震災後のこの鬱積した不安と
不可分に結びついたの子さんの音楽。
木漏れ日の色や香り。
街並み。
たからさがし。

センチメンタルでノスタルジックな感情とともに、
繰り返される2011年の記憶。



そんな予感を感じつつ。

かまってちゃんを通してお知り合いになれた皆様、
直接的なかかわりがなくてもこちらにおいでいただいた皆様、
ありがとうございました。多謝。多謝。それに尽きます。



これが今年最後になるかわからないけれど、
例年この3日間にやらなきゃいけないことって大体決まってるので
今のうちにごあいさつさせていただきました。


それではみなさま、よいお年を。



DSCN2147.jpg



関連記事

Posted on 2011/12/29 Thu. 12:28 [edit]

category: 神聖かまってちゃん

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

全記事表示リンク

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top