FC2ブログ

映画『恋と嘘』~ロケ地~  

og.jpg

映画恋と嘘

公開日間近ということで、メディアでも頻繁に紹介されています。

原作は2014年よりマンガアプリ(マンガボックス)にて連載中のムサヲ先生による大人気漫画で、
TOKYO MXでアニメも絶賛放送中。
主演は森川葵さん(舞台の高校に千葉英和高校が使われていたドラマ『ごめんね青春』出演)、
DISH//の北村匠海さん( 映画『君の膵臓をたべたい』主演)、
劇団EXILEの佐藤寛太さん(『HiGH&LOW』)。


政府が決めた“最良の相手”と結婚するのが当たり前になった未来。
自由恋愛が禁じられた世界を舞台に、揺れ動く3人の「恋」と「嘘」―

映画『恋と嘘』公式サイト
YouTube公式チャンネル
Twitter公式アカウント

【予告編】



ということで。
予告編や公式Twitterなどの画像から印西周辺のロケ地を。


キャプチャ_2017_10_11_22_53_56_207

キャプチャ_2017_10_11_22_53_58_984

キャプチャ_2017_10_11_22_54_00_389

予告編最初のクレープ屋さんのシーン。
葵ちゃんと匠海くん、それに温水さんの姿も見えます。

こちらのロケ地は草深公園

IMG_3775.jpg

Twitterの公式アカウントによると、映画の撮影はこのシーンから始まったようです。↓



こちらの写真を見ると、草深公園であることがはっきりと分かります。

17042001.jpg

IMG_3782.jpg


17042002.jpg

3768.jpeg
噴水のある池。


ちなみに同じ場所で神聖かまってちゃん『知恵ちゃんの聖書』のPVが撮影されています。
(ちなめるところではちなんで行きます)
キャプチャ_2017_10_11_22_51_33_459

キャプチャ_2017_10_11_22_51_36_851



次のシーンは。

10c.png
見晴らしのいい場所を歩くふたり(葵ちゃんと匠海くん)。
こちらは牧の原公園ひょうたん山の中腹。

10 DSC_0115
写真奥、手すりのあるあたりを歩いています。

この日のロケの様子。↓



10 DSC_6967
そう、ひょうたん山の上って風強いんですよね…

キャプチャ_2017_10_11_22_52_03_747
ちなみに『知恵ちゃんの聖書』PV、このベンチの置かれている辺り。



次は佐藤寛太くんとのシーン。

20c_20171012005642220.png

20y.jpg

21c_20171012005645e22.png

21y.jpg

22c_2017101200570092e.png

22y.jpg

23c_201710120057037c0.png

23y.jpg

こちらは木下交流の杜広場

県立印旛高校跡地に作られ、去年オープンした施設です。
撮影のためにバス停のセットが設置されています。
この場所からは木下の街並みが一望できます。

31_2017101201145597e.jpg

32_20171012011457a90.jpg

また、少しだけ小高くなった展望ステージからは利根川の眺めを楽しむことができます。
34_20171012011500925.jpg

33_2017101201145855c.jpg


最後に。



家の中の撮影はこちらの住宅街で撮られたようです。
1704601.jpg

50_201710120128572fc.jpg

この辺りはまだ売り出し前の住宅が並ぶ一角(10月現在)。
こちらのロケ地は白井市になります。(白井市のマンホールが確認できます)
白井市
(こちらはカラーバージョン)




最後に。
映画『恋と嘘』は10月14日(土)より全国公開。
上映情報はこちら
印西市内ではUSシネマ千葉ニュータウンでの上映が予定されています。


スポンサーサイト



Posted on 2017/10/12 Thu. 01:57 [edit]

category: 地元ロケ地

tb: 0   cm: 0

サクラダイでサクラダ  

現在公開中の映画 『サクラダ・リセット 前篇』。

01_convert_20170328232228.jpg

河野裕原作のライトノベル「サクラダリセット」シリーズの実写映画化。
「リセット」の一言で世界を最大3日分巻き戻すことができる―この卓越した能力を巡って、
能力者たちが暮らす街〝咲良田〟を舞台に、想像を超えた物語が展開。

02_convert_20170328232333.jpg

公式サイト


印西近辺でのロケがあったことはエキストラ募集情報だったかで知っていた。
野村周平くん×地元ということで、これは観に行かねばなるまい。
(歴だけでいうとかまってちゃんよりも長い野村くん)



予告編①


予告編②




ということで。
予告編に出てくる印西・千葉ニュー周辺のロケ地を。


05_201703282349565de.jpg
空撮(かな)、白井市桜台の十余一公園やマンションが手前に、
その先には印西市の街並みが見える。イオンモールや青山の看板も。

03 map
GoogleMapの航空写真。
ニュータウン内外の街並みがくっきりと別れている。(地図に熱中することしばし)

03c.jpg
十余一公園。



野村周平くん演じる浅井ケイの登場シーン。
公式サイトはじめ映画の宣伝でよく最初に流れるこのシーン。
朝の登校風景だろう。
初めて見たとき「桜台に野村周平がっ(呼び捨て御免)」と少なからず興奮。

05.png

05 2

05 1
きれいな家並み。(ここはよく写真を撮るポイントのひとつ)


07.png
春埼美空役の黒島結菜ちゃん。

08.png
かわいい。アオイホノオからのごめんね青春!は鮮烈だったなあ。。

07 2

07 1


10_201703282353221e3.jpg
そしてスロープをのぼる。

10 2

10 1

ここまでのシーンは桜台の遊歩道。

というか、ここが能力者の集う街””ということだろうか。
(映画を見ればわかるんだけど…)

「咲良田(サクラダ)」→「サクラダ+イ(桜台)」 、名前でロケ地が決まったわけではないよね…

あと、制服のリボンの色が水色なのが地元中学と一緒なのもちょっと面白い偶然。
それから野村くんが出演した映画『ちはやふる』も桜台小学校の体育館でロケが行われている。
小学生時代のシーンなのでご本人(太一)の撮影はなかったけれど。→撮影風景



次、予告編②のこのシーン。
20_20170328235405139.jpg

20 1
こちらは印西市。
YAOKOの看板は映画でもそのまま。

20 0
印西牧の原駅近くの牧の原MORE駐車場。

20 2
右手には「MORE」の文字が。



そしてここからは後編の予告編。




bh.png
崩れる観覧車。
BIG HOPの映像が元になってると思われる。

bhP1000818.jpg
似た角度から撮った写真がなかなかなく、ちょっと古くて(2014年1月撮影)写りもよくないけれど。



キャプチャ_2017_03_28_23_59_53_949
ひょうたん山から南西方向を見下ろす風景がベースになっている。
BIGHOPの位置(左側の煙が上がっているところ)が左に移動。

IMG_1413_20170404185154124.jpg
(これも写真が古いけれど)




そして-
キャプチャ_2017_03_29_00_32_26_84

キャプチャ_2017_03_29_00_32_26_386
キャプチャ_2017_03_29_00_32_26_687
0キャプチャ_2017_03_29_00_32_35_860

夕暮れの街並みが野村くんと重なりさらに海の映像へと変わっていくシーン。

この街並みは牧の原公園のひょうたん山からの撮影と思われる。
弧を描く銀色の手すりも見える。

0p.jpg
写真を3枚並べてみた。


桜台と滝野の住宅街は色合いや雰囲気が似ているところがあるので、
もしかしたら滝野も咲良田として登場しているかも?



それから。
21.png
平祐奈ちゃんが走るシーン。

20170416
千葉ニュータウン中央駅前(昼間)。




最後に。
ひょうたん山からの街並みが登場するMVを。
(お決まりの流れ)

miti100.jpg
美ちなる方へ』神聖かまってちゃん


chie325.png
知恵ちゃんの聖書』神聖かまってちゃん




≪追記≫
TOKYO MX 5/12放送「サクラダリセットSpecial Edition」より

01_201710120259158db.jpg
01 DSC_7095
事故現場のシーン

02_201710120259183ff.jpg
02 DSC_7097
(塗りなおされている…)

22_20171012030351fa3.jpg
22y_20171012030352a52.jpg
「牧の原MORE」がそのまま。

23_20171012030354d8e.jpg
23y_20171012030355c8a.jpg
奥にヤマダ電機

住宅街のシーン。
朝の登校風景とは別の住宅地。
10_20171012030333ed2.jpg
10y.jpeg

11_20171012030335ec0.jpg
11y.jpg

12_201710120303406bc.jpg
12 y


前篇公開中に映画館に行きそびれ、そのまま後篇も行けずに終わり…
結局、10月27日発売 豪華版前篇&後篇セットBlu-rayを予約することに。
特典ディスクのメイキングも楽しみ。

Posted on 2017/03/28 Tue. 23:54 [edit]

category: 地元ロケ地

tb: 0   cm: 0

静の森  

5月23日

草深の森へ―

IMG_0866.jpg

ドクダミの緑の葉と白いつぼみが地表を覆う。いつくかはすでに開き始めている。


ドクダミを見るとお墓参りを思い出す。
墓所に敷き詰められた砂利の間、しっかりと根を張りはびこる迷惑な雑草。
触ると嫌なにおいがついてしまって、洗っても洗っても取れない。
「軍手持ってくればよかったね」などと言いながらの草むしり(そして毎回忘れる)。
最初はスーパーの袋やお供えの包み紙越しに。
やがてあきらめて素手で。
葉っぱはハートの形だし、真っ白な花もきれいだし、
見てるだけならいいんだけどねぇ…
そんな記憶。


(ネガキャンから入ってしまったけれど、)
森や林の下草となって地面を覆いつくしたドクダミが真っ白な花を咲かせている様子は、
うっとりとただただ眺めていたくなるほどきれいだと思う。
木立に日を遮られひんやりほの暗い地面を白く明るく照らすように咲く花。

bIMG_1233.jpg
 こんな感じの(別日の別の場所ですが 16/6/12 小林牧場)

ちなみに「じごくそば」という別名があることはこのあたりに伝わる民話のタイトルから知った。
→「頼政塚とじごくそば」(過去記事)



IMG_0853_2016060800182550e.jpg

傾きかけた日が枝葉の隙間を縫って差し込んでくる。



二人静‐フタリシズカ‐
IMG_0845.jpg

スポットライトを浴びているよう。

IMG_0846_20160608001824824.jpg

茎の先端にぴよーんと2本の花穂を伸ばす様子を謡曲二人静に擬えてその名がつけられたとか。

IMG_0870.jpg
(1本とか3本とかそれ以上のこともある)


ガマズミ
IMG_0826.jpg
開けた場所に面した茂みに咲くガマズミの白花。
この真っ白な花が、秋にはつやつやと赤い実となる。



ナルコユリ‐鳴子百合‐
IMG_0829.jpg

IMG_0835_20160608001805651.jpg

IMG_0838.jpg

アマドコロとの見分けがいまひとつわかりにくいし、同じものとして扱われることもあるようだけど…

bIMG_0587.jpg
こっちはアマドコロ(たぶん)(16/4/30 大六天)

花の付け根とか茎の形などから判別できるらしい。

知らない生き物や植物って本当に多い。
むしろ知っていることなんてほんの少しで、
長年呼んでいた名前が間違っていたり、そんなことばかり。
撮ってきた写真と図鑑とネットを何度も何度も行ったり来たりして。
そうしているうちに時間が過ぎてブログの更新は滞る。。
それでも素人判断なので間違いは多々あるんだろうなあ。
(気付いたらその都度お詫び訂正していきます)


IMG_0855.jpg

これはアワフキムシの幼虫かな。以前にも何度か出会ったことがある。
ちょっと見切れてない?


IMG_0902_2016060823384854b.jpg

行ったことがない方向に進んでみた。
墓地と、その近くに建物が。
周囲をぐるりとお堀のように掘り下げられた形跡が。
水をたたえてはいないけれど、弁天様が祀られているのだろうか、
お水に関係するお社なのかもしれない。



そういえば去年二人静を見にこの森に来たときは大日塚に行き着いた。(15/5/26)
bIMG_4723.jpg
草深開墾を今に伝える地という説明書きが添えられている。



IMG_0910.jpg

斜めに降り注ぐ太陽の光。

Posted on 2016/05/25 Wed. 01:30 [edit]

category: local area

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

全記事表示リンク

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top